下着姿の女性 色っぽい女性

一緒にお風呂

くしで髪をとかす女

それでは、ここから具体的に、デリヘルという風俗ではどんなサービスを行ってもらえるのか、というのを紹介していきます。

まず女の子が到着したら(ホテルの場合はこちらがあとです)、一緒にお風呂に入ります。
これは、もちろん「一緒にお風呂」というシチュエーションに興奮してもらう意味もありますが、お互いがお互いの目の前で体を洗うことにより衛生面の対策をしっかりしている、と確認しあうための意味もあります。風俗を利用するならば、衛生面にはよく気をつけなければなりません。

そして、やはり一緒にお風呂というシチェーションはとても興奮できるもので、普段はまずできないことですので、女の子に体を洗ってもらうといいでしょう。体が綺麗になっていく清潔感と、女の子の裸、そして「女の子に洗ってもらっている」というシチュエーションにより、例え触ってもらわずとも息子が大喜びでしょう。

ベッドへ移動

下着 黒

お互いの体を綺麗に洗ったら、ベッドへ向かって本番です。
ただ、気をつけて欲しいのは、ここで言う本番とは「楽しみの本番」ということで、エッチにおける本番行為をしていいという意味ではありません。本番行為、つまり挿入は風営法により禁止されているので、これを期待するのは的はずれなことと言えるでしょう。これはデリヘルだけではなく、どの風俗においても同じです。

リアルの女の子をベッドの上で前にすると、初めてデリヘルを利用するのなら、かなりの感動があるはずです。
これは決して妄想ではなく、間違いなくリアル。本物の女の子とイチャイチャできる楽しさを、存分に味わうといいでしょう。

好きなことができる

セーラー 女子

例えば風俗の中でも、オナニークラブなどは、できることが限られています。これはサービス内容が特化型になっているからで、そういった風俗は、その限られた中でクオリティの高いサービスを楽しむことができるわけです。
そしてデリヘルは、基本的にはできることが限られていません。つまり、お店のルールやオプションなどに気をつける必要はありますが、自分の好きなことがなんでもできるわけです。

初めてデリヘルを利用したなら、ナマの女の子の体というのはとてつもない神秘に感じるものです。
どうしてあんな膨らみがあるのだろう、どうしてこんな曲線美が生まれるのだろう、どうしてこんなに柔らかいのだろう。そんな、取り留めもない考えだって浮かんでくるかもしれません。

楽しみ方

お風呂後

デリヘルは自由度の高い風俗ですので、女の子に極端な負担をかけるのでなければ、自分の好きなこと、やりたいことをいろいろ試すといいでしょう。

その中でもやはり、おっぱいについては存分に楽しみたいものです。
女の子を喘がせる意味では、もちろん女性器を攻めた方がいいに決まっていますが、男のロマンが詰まっているのは、圧倒的に二つの脂肪の膨らみです。

おっぱいだって立派な性感帯ですので、優しく触ってあげるだけでも、女の子は喘いでしまいます。栓のないことを言ってしまうと、デリヘル嬢は仕事なので、可愛い声で喘いでくれます。
おっぱいは強く揉みすぎると痛いですが、痛くない程度であれば、ぐにぐにと揉みしだくことだってできるでしょう。
また、特に性感の強い部分は、人にもよる部分ですが、基本的には乳首が一番で、次は乳房の下の部分です。正面から乳首に吸い付きながら下乳を中心に揉みしだく……なんていう楽しみ方だってできます。